最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2005年9月 8日 (木)

日本海

日本海に面した福井県美浜町に来ました。
仕事です。これから大阪まで帰ります

050908_1203.jpg

2005年8月20日 (土)

両替商

滋賀県彦根市の彦根城の近く。景観統一されていて、何処もこんな感じの建物が連なっています。ここは両替商。びわこ銀行です。

050820_1319.jpg

2005年8月18日 (木)

いまさらながら

平成淀川花火大会の画像(MP4)
を私のiDiskにアップしました。

我が家の3階から見える花火の
最後のフィナーレの部分です。
およそ17MBありますが、
320*240でPSPでみれる形式にして
あります。
PCでもQuickTimeがインストール
されていれば再生できると思います。

欲しい方はコメントしてくださいな。
URLをお教えします。

2005年8月 6日 (土)

平成淀川花火大会

我が家のベランダから


hanabi


デジカメでとった画像と

入れ替えてみました。

2005年7月25日 (月)

天神祭の花火

うるさく音だけが聞こえていました。
前に住んでいたマンションは大阪の花火大会のうち、
淀川花火、天神祭、水都祭が見えていたのですが、
今住んでいる家の3階でも天神祭の花火は見えません。

8月6日の淀川花火は3階ベランダでビールを片手に
観る予定。
でも、河川敷まで徒歩2分だから、行った方がいいのは
わかってるんですがw

天神祭が終わると大阪は本格的な夏です。
夏と言えば台風が接近してるのも気になる汗
私の大散財祭りwも嫁から必要経費に関しては
支給があって、PSPのみ自腹になりました。

それというのもここ、何日か、POP自粛でMacで
EXELと戦って仕事したりしてたからですね〜w
日頃の行いが良かった、ということにしておこう。

2005年7月20日 (水)

旅行記(海水浴)

大人の雰囲気の染込んだ板張りの床に、
渋い調度を揃えたロビーにJazzが流れる、
そんなモダン(クラッシック)和風の宿。
部屋の窓からは日本一の夕日の見える
砂浜が一望できる。そう。夕日が浦・一望館。

雰囲気とは裏腹に家族連れに対するサービスも満点。
食事も美味で・・・ただし、大食漢の私でも、
食べきることはできない品数でした。残念。
夕食の際に「お子様とご一緒にどうぞ」と、
花火セットをもらい、バケツやライター、水まで
用意してくれる周到さ。

遠浅で浜が広く横にも長い。
海の水の透明度も抜群。時折、泳ぐ魚の群れを
みつけ、親子ではしゃいでしまいました。
人口密度も大したことがなく、思いっきりはしゃいでも、
他人に干渉しない。(あいにくのJR事故の影響か?)
いわゆる鳴き砂と言われる、琴引き浜のすぐ近くですし、
砂の粒子も細かくて、石や貝殻も混じっていません。

息子とはしゃいでいて、気がつくと、眼鏡がありません。
海中に落ちたようです。息子に探すように言ってると、
周りの家族連れの方々が、一緒に探してくれました。
しかし、息子が顔を水につけると、あっけなく見つかりました。
水がきれいだからこそですね。一緒に探してくれた方々に、
お礼を言いました。

帰りは北近畿タンゴ鉄道のタンゴエクスプローラー。
木津温泉駅から新大阪駅まで直通です。
そして今日。日焼けした背中が痛くてたまりません。TT

旅館のフロントの方々が、お揃いの淡いブルーのアロハで
笑顔を振りまいておられて、宿の雰囲気に反して、リゾート
気分を盛り上げておられたので、客が旅館の雰囲気に
萎縮することもなかったように思います。

予約制の貸し切り風呂もあったようなのですが、
家族連れだけでなく、カップルにもお勧めかも。
また、来年も行きたいと思う場所でした。

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30